唾液がもたらす良い影響

 

 

 

こんにちは 理学療法士 三枝です。

 

 

 

 

 

 

今回は「唾液」に関する内容です。

 

 

 

・唾液量:1日なんと1~1.5リットル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唾液→身体への影響

 

 

 

 

 

          消化を助ける

 

・身体に入って1番初めに登場するのが唾液。

 

酵素により食物を分解します。

 

 

 

 これがないと後に登場する胃や腸に

負担がかかってしまいます!!

 

 

 

 

 

          免疫力を上げて風邪予防

 

・細菌の侵入経路である「口」

 

唾液で侵入を防ぎます、唾液がない状態と

比較すると3~4倍違います!!

 

 

 

 

 

 

 

          集中力を上げる

 

・唾液には  “NGF”  という

神経を集中させるホルモンが含まれています。

 

  よくスポーツでガムを噛みながら行うと

   良いパフォーマンスが生まれる

 という理由の1つですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。唾液を出すマッサージ。

 

・唾液腺を刺激する

 

 

 

 

体には大きく唾液を出す部分が3ヵ所あります。

今回はその中から1つ紹介します。

 

 

部位:頬骨の下

 

   噛むと膨らむ部分

 

 

時間:20~30秒程度

 

 

頻度:気が付いた時

 

 

(デスクワーク前、スポーツ前などに行うと

    集中力も上がって効率向上!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンポイントアドバイス

 

 

 

 

 

 

“味を感じるのは唾液のおかげ”

 

 

 

 

舌で味を感じる。それが味覚ですが

 

 

舌が乾き切った状態ではどんな味も感じないのです。

 

 おいしく食べるためにも唾液は重要。

 

 

 

 

 

三枝 伸哉

 

理学療法士

 

●資格

 

・オーストラリアマニュアルセラピー

 

 アドバンスコース修了

 

●得意な分野

 

 テーピング

 

●趣味

 

 バトミンドン

 

●自分の想い

仕事で忙しい人でも簡単に読める記事を作ります。